今日はillustratorでの拡張子変更のやり方について紹介します。

ファイル変更方法

まずは保存するときは毎回この画面になるのですが、最初の状態ではアドビのillustratorの形式になっています。これではillustratorがパソコンに入っている人じゃないと開くことができません。ドロップダウンしたらたくさんの拡張子が出てくるのでそこから拡張子を選びます。

今回はPDFで保存しますので、PDFと書いてあるところを選択して完成です。PDFで保存すると下のような感じになります。

拡張子の変更は様々な拡張子を知っておかなければなりません。そこで私がよく使う拡張子を載せておきます。

<jpg>

これはジェイペグといって写真ファイルによく使われている拡張子です。フルカラーやグラデーションをきれいに表現できます。上書き保存をするごとに劣化してくるので注意しましょう

<PNG>

これはピングといってjpgと同じくフルカラーで表現できます。何回上書き保存しても劣化しませんがjpgと比べると画像容量が大きくなってしまうことが欠点です。

<gif>

これはジフといって図形や線、文字など色が少ない画像に適しています。ファイル容量も軽く透過することもできます。

<pdf>

これはピーディーエフといってアドビが作ったファイル形式です。ダウンロードに時間とデータ量がかかってしまうことが難点です。

(参考元:チエネッタ)